本文へスキップ

日本刀と同じ材料・造り方の日本刀包丁 玉鋼 本焼き包丁

日本刀包丁の出来るまで 〜大鍛冶編〜

素材について

日本刀包丁とは、刀鍛冶が造る日本刀とまったく同じ素材・作り方の昔ながらの包丁です。 今現在売られている包丁との一番の違いは、包丁の素材です。 私たちが作る日本刀包丁は、日本古来の砂鉄から製鉄した鋼を使い作られます。
この古来の製鉄方法は、たたら製鉄と呼ばれ、そのたたら製鉄で出来た鋼を玉鋼と言います。

私は、全国北海道から九州まで砂鉄を使います。
砂鉄が約100キロあると、玉鋼20キロ、その20キロから日本刀一振り900グラムが完成します。


たたら製鉄 <日本古来の製鉄方法>


たたらの炉に火が入る。
炭を利用して、砂鉄を鋼に還元していく。
その技を引き継ぐ匠は、全国で数人。

  十分炉に熱が溜まったら、砂鉄の投入開始。
その量や頻度は、経験と勘で進められていく。 

   定期的にノロといわれる不純物を抜く。
これがたたら製鉄の特徴で、鉄は固体として炉の内部に残し、不純物は液体として抜く。

   8時間後。
炉を解体

   出来上がった玉鋼

  炉から取り出す。

  出来上がった玉鋼のまわりについたノロを飛ばして、頃合の大きさに切る。

日本刀包丁の出来るまで 〜小鍛冶編〜

  現在では刀鍛冶しか継承していない折り返し鍛錬を開始!
この作業で、不純物を飛ばし、鉄を鍛える。粘りが出て刃物へ最適の鋼へと変化していく。 
  鍛え終わった鋼を、日本刀と同じように基本とした四角の断面に伸ばしていく。 
  伸ばした鋼を手槌で包丁の形に成形していく。
この叩いて形を作る作業が、鋼に更なる切れ味を生む。
現在の削りや型の打ち抜き包丁には真似の出来ない切れ味の理由である。 
   日本刀同じように刃文を入れるべく、土を塗る。この塗り方で刃文が決まる。
※画像は、短刀の土置きの様子
   鉄を真っ赤に熱し、一気に急冷することにより、刃文が入り切れる刃物に魂が入る。
   出来た包丁を、1本1本砥石で研ぎ、家庭用にバフで仕上げています。
刃物として納得の出来るものだけ販売しています。

<完成>
日本刀との違いは、形状と美術品としての要素・研ぎ方だけである



送料について

北海道1580円、
東北1160円
関東・信越 950円
北陸・中部 840円
関西・中国・九州740円
四国840円
沖縄県1260円

代引き手数料について

10万円未満     630円
10万〜30万円未満 1050円

銀行振込先

中国銀行(ちゅうごくぎんこう)
長船支店(おさふねしてん)
(普通)1183611
名義 上田 範仁(うえ のりひと)